topimage

2018-02

葉桜 - 2018.02.10 Sat

3週間ほど前可愛らしい花を咲かせていた桜は葉桜へと姿を変え懸命に命を灯している。






久しぶりにキョンの夢を見た


愛する子を亡くした人の中には
傍に居るのを感じる  という人が少なくない

小さい頃から怖がりな私は
可能な限りスピリチュアル的な要素には関わりたくないと思いながらこの年まで過ごしてきたから
今更ながら’キョンならば’と感覚を研ぎ澄ませてみてもキョンの気配を感じることはできなかった


その代わりなのか・・ キョンがいなくなってからの1ヶ月
毎日のように同じ夢をみた
その夢は『キョン 生き返ったんだね♪』という私の声掛けから始まる
それは「おかえり」の挨拶のようにすごく当たり前に発せられた
キョンはプリプリと尻尾を振りながらやってくると私の顔を舐めたり、じゃれついたりと
いつものようにひとしきり戯れたところで目が覚める
舐められている感じもキョンを撫ぜたときの手触りもとてもリアルで
キョンがいなくなった後もその感覚は新鮮なままだった

あまりに毎日同じ夢ばかり見るから
私大丈夫か?
と思ったりしたけれど1ヶ月を過ぎたあたりからその夢を見る間隔は少しずつ長くなっていった

1ヶ月ぶりくらいかな
久しぶりに見た夢は不思議なことに『キョン 久しぶりだね♪』という言葉で始まった
その後はいつものようにキョンと戯れて目が覚めた



キョンは私に合わせて’夢’という現実的な手段を使って会いに来てるんじゃないか
そう思うようになった
きっと最初の1ヶ月はキョンもひとりで寂しかったんだろう

そろそろ天国での暮らしも慣れたかな

またたまに会いに来てね



余談・・
キョンがいなくなって3ヶ月くらいたった頃旦那に「キョンの夢って見る?」と聞いてみた
「1度も見たことがない」というのでこの話をしたところ泣いてしまった
年のせいかキョンの話になるとすぐに泣いてしまう
私は「寂しがるからたまにはキョンパパにも会いに行ってあげてね」と旦那に聞こえるように言った

翌日旦那はキョンの夢をみたという
ぼんやりしてたけど
そう言って少し寂しそうだった ・・笑



自然が生み出すアート - 2018.02.02 Fri

朝ゴミ出しのために外に出ようと 思わず 『わぁ・・』と漏れたため息

玄関フードの窓ガラス一面にアート作品が
(北海道は玄関先をガラスで覆い寒さから守るために玄関フードを設ける家が多い)

日中気温が上がったら儚く消えてなくなってしまうであろう作品を写真に残そうとすぐにカメラを取りに戻りシャッターを切りました。




Yahoo!の天気予報の気温を見て納得




パーカー1枚羽織っただけで写真を撮ってたけどここまで気温が低かったとは
自然が作り出したアート作品に少し興奮していたのかもしれません







今日は朝から少し得した気分 ハッピーな1日になりました。



一足早く春を感じる - 2018.01.19 Fri

キョンの月命日だからと訪れた品揃えのいいお花屋さん。
’木’のものが長持ちでいいなと見てまわると可愛らしい桜が

そして1週間、次々と蕾が開き今は8部咲きくらいでしょうか




’椿’と’リアトリス’と一緒に




椿の蕾は2つ。花屋さんでは小さなクリーム色の花が咲いていました。
今のところ変化なしだけど咲いてくれたらうれしいなぁ。





新たな愉しみ - 2017.12.22 Fri

毎朝の切り花の手入れが日課になりました。
それはフラワーアレンジメント、生け花というほど大げさなものではなく好きな花を合わせた器に飾るという単純なもの。

キョンのお供えにとその日庭に咲いている花を切ってきて飾りはじめたのがきっかけです。
冬になって庭の花がなくなり’やっぱりキョンの傍らにお花がないのは寂しい’と今は買い物のたびにお花屋さんを覗くのも愉しみになりました。

買ってすぐは長い茎も水切りするうちに短くなり毎日そのときの状態に見合った花器を選んで今日は2つに分けてみようかなどと試行錯誤するのもまた愉しい時間。
まだまだですが切り花ゆえの花ごとの特性も少しずつわかってきたところです。







キョンのところに持っていくたびに『今日はいまいちだけど明日は上手に作るね~』『今日はかわいくできたよ』と報告も欠かしません。
最初はへっぽこだったけど最近は上手になってきたでしょっ。




左に写っているキョンの写真は小さいころからの写真を選りすぐって1冊にまとめたフォトブック。
時折ページをめくっては当時のキョンに思いを巡らせます。




あまりに暇だったので - 2017.12.11 Mon

特に用事もなくやりたい事もなく暇を持て余していた先週末。


『久しぶりに映画でも行ってみる?』
私の突飛な提案に旦那は少し面食らったようだったけど乗気になってくれたよう。

スマホをいじってる旦那に
私:私的には『探偵はBarにいる』か『鎌倉ものがたり』かなと思うけど、(スマホで)調べてみて

しばらくしてお昼を食べながら

私:どうすることにした?
旦那:『鎌倉ものがたり』かな
私:あ、そうなの?(ちょっと意外)
  ところで『鎌倉ものがたり』ってどんな話? (知らずにセレクトしていた私)
旦那:妖怪とかいっぱいでてくる
私:(笑)えっ?そうなの?『ゴースト』っぽいのを想像してたけど
旦那:死んだ奥さんを黄泉から連れ戻しにいくって話
私:へー、じゃあそれにしよ


何しろ映画を見るのは数十年ぶりの事
今はネットで先に座席の予約までできちゃうのね
私が学生の頃は’立ち見’とかざらにあったし人気の映画なんていつ観れるかわからず永遠と並んで待ったりしたっけ(世代を感じるわー)
世代を感じついでに(うれしいような悲しいようなですが)
夫婦いずれかが50歳以上の場合2人で2200円で観れる割引があるというので遠慮なく使わせてもらいました。

うちから『イオンシネマ』へは車で10分ほどで開演の30分前に家をでても余裕
すっぴんのままその辺のコンビニにでも行くような感じで家をでました。





予告編も観ておらずあらすじもほとんど知らなかったので私が想像していた映画とはまったく違っていましたが
一言でいえば『ファンタジーワールド』
話の内容は違うけど世界感は『千と千尋の神隠し』の実写版といった感じ。
実写なのに逆にアニメを観ているような錯覚すら覚えました。(CGが多いせいかな)
ストーリーはまとまりがあって頭を使うことなくスルスルと入ってきます。
時折、くすっと笑えるシーンがあったり全編とおして気持ちがほっこりするいい映画でした。




-----------------------------------------------------------------------



『忙しい』ことばかりだと思っていたけど『暇』と思う事があるとはね
家族がいなくなるというのは共有していた時間やその家族のために何かしらしていた時間も(必要)なくなってしまうということなんだな

冬でなければそのぽっかり空いてしまった時間も容易に潰せるのだけれど
早く春になればいいのに





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sara

Author:sara
だいたい2記事ずつ更新しています。
お好きな方にコメントをどうぞ♪
過去記事へのコメントも大歓迎です。


画像サーバー障害により時折画像が見られない状態になる場合があります。
申し訳ありませんが時間を空けてお越しいただければ幸いです。

※2012/4/2にテンプレート変更した影響でレイアウトが崩れている記事があります。

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
Bread (61)
Gardening (154)
Knitting/HandMade (52)
Cooking (31)
Sweets (27)
インテリア/雑貨 (26)
あんな事こんな事 (131)
ごあいさつ (2)
Photo (0)
焼酎 (8)
DIY (19)

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

My Style note...(My HP)

My Style note...(My HP)です。こちらもヨロシク!







Night on the Planet

当ブログ使用の素材をお借りしているWEBサイト Spcial Thanks!




私の愛用石けんを販売しているLavender Valley

顔を洗っただけでしっとり潤うおすすめデス♪