topimage

2017-06

一刻者 - 2016.12.14 Wed

先週末、母と姉とともにランチ&買い物。
どういう風の吹き回しか姉が『何でも好きなものを買ってくれる』というので『それならば芋焼酎かな』とリカー売り場へ

紫芋系は食事に合わせにくいので最近は敬遠
はじめてお目にかかる数量限定の「一刻者」があったのでこれに決めました。
それとおつまみに缶つまを2種類。
こういう高級缶詰は自分ではなかなか買おうと思わないのでこの機会に(笑

焼酎はこの日早速開けましたがほどよい芋臭さとすっきりとした味わいでかなり好みのテイストでした。
缶つまも近いうちに






スパイスたっぷりのスープで温まりたいと思っていたのでこの日ランチに選んだのはスープカレー。
はじめて行ったお店でしたがとにかく店内が寒い・・店にいる間ずっとコートが脱げず
食べ終わる頃にはスープは冷えていました・・切ない

最近外食は外れが多くてしばらく遠のいていたのですがまたしても。。
やっぱりおうちごはんが一番かな。



決めるぞMyベスト焼酎第39~53弾 - 2012.11.25 Sun

相変わらずガンガン飲み続けている焼酎。
かなり溜まってしまったので一挙更新。




































第39弾 三岳 VS 赤芋 明るい農村

「明るい農村」はあまり好みではなかったけど赤芋はどうかな。。
とやっぱり好きじゃなかった。

三岳WIN









第40弾 三岳 VS 宇宙だより 天翔宙

スペースシャトル「エンデバー」と旅した酵母を使って作ったという「天翔宙」

三岳WIN










第41弾 三岳 VS 丸西 白麹仕込み

丸西酒造のまず1本。白麹仕込み。
これ好き~あっさりしてどんな食事にも合いそう。

ここは三岳で









第42弾 三岳 VS 丸西 黒麹仕込み

続いては丸西の黒麹仕込み。
白麹仕込みよりコクがあって香りよし。

丸西 黒麹仕込み勝利。









第43弾 紅いも丸西 VS 丸西 黒麹仕込み

丸西対決。経験から黒麹がおいしくて紅いもが好みじゃないということはないので期待して飲んだけどやっぱり旨い!丸西シリーズははずれなし。シーンに合わせて選びたい焼酎。

紅いも丸西WIN








第44弾 紅いも丸西 VS 頴娃紫芋仕込み なかまた

赤霧島と同じ頴娃紫芋使用ということで期待して飲んだけどかなり期待はずれ。

紅いも丸西WIN










第45弾 紅いも丸西 VS 西海の薫

「西海の薫」これはないなぁ。

紅いも丸西WIN










第46弾 紅いも丸西 VS 六代目百合

六代目百合はかなり芋臭い焼酎。
個人的には苦手。

紅いも丸西WIN









第47弾 紅いも丸西 VS 白金の露 黒

黒じゃない白金の露はあまり好きじゃなかったけど・・やっぱりか。

紅いも丸西WIN










第48弾 紅いも丸西 VS 寿福絹子

寿福絹子は麦焼酎。麦らしい甘さと香ばしさ。
麦はすっきりして飲みやすい。

紅いも丸西WIN









第49弾 紅いも丸西 VS 壱岐の華

壱岐の華も麦。
寿福絹子の方が好みだった。

紅いも丸西WIN









第50弾 紅いも丸西 VS かめ寝かせ 呑酔楽

呑酔楽は香り味のバランスがよく甘すぎずうまい!

甲乙つけがたいけど呑酔楽で










第51弾 京屋かんろ VS かめ寝かせ 呑酔楽

これはなし。

呑酔楽Win










第52弾 櫻井 VS かめ寝かせ 呑酔楽

これは好きじゃない。

呑酔楽Win










第53弾 松の露 VS かめ寝かせ 呑酔楽

松の露はクセがなく飲みやすい。
先日の宮崎出張ではこの松の露酒造が近くにあるということでどこの飲み屋に行っても松の露でした。
普段の飲みには十分。

呑酔楽Win







第54弾 太鼓判 VS かめ寝かせ 呑酔楽

太鼓判は米焼酎。
日本酒はあまり好きじゃないので米焼酎も同じく・・
これ43度でかなり長持ちしました。

呑酔楽Win






ここまで飲んできて好みの丸西酒造を新発見。
ひとつの酒造からいろいろな焼酎を出しているけどひとつ好みだったら基本的にその酒造の焼酎は好みなはず。
丸西酒造の他の焼酎も飲んでみたいな。


すでに飲み進んでいる焼酎。
次回はおいしい焼酎目白押しなのでお楽しみに。



決めるぞMyベスト焼酎第30~38弾 - 2012.08.16 Thu

久しぶりの焼酎ネタ。
更新はしていなかったけど焼酎熱はさらに拍車がかかり焼酎ラックに収まりきれないほど。笑

第29弾までやってきたMyベスト焼酎戦ですが
「紫王道」を越える焼酎は見つからないだろうな~ということで「紫王道」は殿堂入り
ここから「紫王道」に並ぶくらいの新たなMyベスト焼酎を選ぶべくスタート。
























第30弾 宮ヶ浜 VS 明るい農村

「明るい農村」は焼酎居酒屋なら大抵は置いてある有名どころ。
正直どちらも好みでないけど「明るい農村」で

明るい農村WIN










第31弾 青潮 VS 明るい農村

「青潮」・・うーん、いまいち。

明るい農村WIN










第32弾 刻の封印 VS 明るい農村

基本’芋’メインですが「刻の封印」は米焼酎。
クセがなくとても飲みやすい。
どんな料理にも合わせやすい焼酎。

刻の封印WIN








第33弾 刻の封印 VS 薩摩富士 芳醇 紫

スーパの酒コーナーで見かけた「薩摩富士 芳醇 紫」
「赤兎馬 紫」と同じ頴娃紫(えいむらさき)を使用した焼酎で千円以下だったのでおためしで買ってみたけど・・
思いっきり期待外れ。

刻の封印勝利。







第34弾 刻の封印 VS さつまの海

「さつまの海」すっきりとして飲みやすい。
これはおいしい。

さつまの海WIN








第35弾 きろく VS さつまの海

「たちばな」と同じ酒蔵の「きろく」。
「たちばな」よりは「きろく」の方が好きかも。

さつまの海WIN









第36弾 くじら VS さつまの海

同じ酒蔵対決。
この酒蔵の焼酎は個性的な香りがする気がする。
どっちもおいしいけど「くじら」の方が芳醇かな。

くじらWIN








第37弾 くじら VS すらり

芋焼酎のくせにほとんど芋を感じさせない「すらり」
クセがなくサラサラといくらでも飲めてしまう。
芋が苦手という人でもこれなら飲めるんじゃないかな。
個人的には好き~これには特別賞を。

ここはあえてくじらで。







第38弾 くじら VS 三岳

オヤジ臭いラベルで(ラベルって大事よねw)まったく期待せず飲んだ「三岳」ですがこれは旨い。
紫王道のような華やかさはありませんがエグみがなく芋の旨さを堪能できる焼酎。

三岳WIN








<番外編>

左:蔵の平太
安納芋が原料のめずらしい焼酎。
飲んでみると「なるほど」とうなずける独特な甘みとコク。
右:泡盛 主
さすが泡盛だけに度数も高くクワっとくる~
力強さの中にまろやかさが感じられる酒。
沖縄料理のお伴にしたかったな~飲み終わってから思う奴=3

ameliaさんどっちもおいしかったよ。
ごちそうさまー





先日、墓参りの帰りに「地酒千丸・ジェラート果林樹」さんへ。
気になっていたものの入ったのは初。酒屋とジェラートのお店が同じ店だと初めて知りました。
お酒の品揃えは豊富で試飲用のお酒も一緒に置いてあったりするので香りを確認したりもできます。
(酒好きの方には有名なお店らしいです)
気になる焼酎を何本かセレクト。そばにあった塩麹用の麹も買っちゃいました。
酒屋の女将さん(?)に「がんばって作ってみて」と言われたのでがんばらなきゃ。笑
せっかくだからとジェラートも。
本日のおすすめジェラート「マンゴーヨーグルト」うまうまでした~



決めるぞMyベスト焼酎第20~29弾 - 2012.03.16 Fri

また空の酒瓶が増えてしまったのでそろそろアップしないとということで一挙公開。























第20弾 紫王道 VS 赤利右衛門

いつも行く酒屋の「どれでも680円」の棚にあった赤利右衛門。
掘り出し物に当たるかもと買ってみたけどいたって普通の芋。赤らしい甘みはあるかな。

紫王道WIN













第21弾 紫王道 VS 赤猿

紫芋の焼酎がどうやら好みのようなので飲んでみたけどこれはいまいち。

文句なし紫王道WIN















第22弾 紫王道 VS 野うさぎの走り

お正月に飲んだ「野うさぎの走り」
これは芋ではなく米焼酎です。
「百年の孤独」と同じ酒蔵で「百年の孤独」と並ぶ双璧ともいわれ人気上昇中の焼酎なんだとか。

とても飲みやすかった~
米でセレクトしたい場合はいいと思います。

でもやっぱり紫王道が好き









第23弾 紫王道 VS 燃ゆる想ひ

「赤利右衛門」と一緒に680円棚から買った焼酎。
これはいまいち。


紫王道勝利。














第24弾 紫王道 VS 白金の露 紅

「白金の露」はいまいちだったけど紅はどうだろねと買ってみた。
個人的にはいまひとつ。ちょっとまろやかさに欠けるかな。

紫王道WIN













第25弾 紫王道 VS 赤薩摩

赤薩摩はいたって普通。

断然、紫王道WIN
















第26弾 紫王道 VS もぐら できたてほやほや2011

「できたてほやほや」すなわち新酒(熟成していない)の芋焼酎。
ここまでこれぞという芋に出会えなかったけど久しぶりに「これは」と思える焼酎。
新酒ならではの荒削りなところはあるけれど個性的な風味がおもしろい。
ぜひ新酒でない「もぐら」を飲んでみたいと思った。

紫王道WIN









第27弾 紫王道 VS 赤兎馬(せきとば)

いわずと知れた人気の赤兎馬。
上品な香りといい芳醇な味わいといいさすがという感じ。
紫王道と比べれば香りは弱い。
上品な香りはどんなお料理とも合って万人がおいしいと言える芋ではないでしょうか。

ここはあえて紫王道で。












第28弾 紫王道 VS 赤兎馬 紫

黄金千貫と頴娃紫芋を使用して作られた「赤兎馬 紫」
紫芋ならではのフルーティーな香りがプラスされてこれは旨い。
香りは赤兎馬<赤兎馬 紫<紫王道
たぶん紫王道より香りが強い芋はないんじゃないかな。

赤兎馬 紫に王座を譲ろうかと思ったけど
やっぱり紫王道WIN










第29弾 紫王道 VS 王道楽土

紫王道が入手困難なので同じ酒蔵の「王道楽土」をお試し。
これも紫王道に通じる旨さ。
紫王道より香りは弱いものの芳醇な味わいは紫王道に匹敵する。
調べてみたら酒蔵が予想した1年分の量を3ヶ月で完売してしまった人気急上昇の焼酎なのだとか。

紫王道の前に王座に君臨していた「さくら白波」と飲み比べてみたら「王道楽土」の方が香り、味とも上でした。

春出荷の紫王道買えるかな
紫王道強い




どんだけ飲むんだと自分つっこみを入れたくなるほど酒浸りの毎日。ちょっと大げさかな。笑
ここに載せただけでも相当の数があるけど同じ品種をまとめ買いしているのも何本もあけてるし
焼酎以外にもビールやウイスキーも飲むのでエンゲル係数ならぬアルコール係数は相当高いと思われる我が家。

この歳になってどんどん酒が強くなってるらしく
今までは中ジョッキ5杯も飲めばいい気分で翌日は二日酔いという感じだったのに
1ヶ月ほど前カラオケで中ジョッキ6杯を飲みほし、しゃきっと雪道を20分かけて徒歩帰宅。
翌日もまったく二日酔い知らず。
カラオケで発散しながらというのがよかったのかもしれませんが。


とここでおさらい。
これまで飲んだ中でのお気に入りの焼酎は
・赤霧島
・黒霧島
・さくら白波
・紫王道
・赤兎馬
・赤兎馬 紫
・王道楽土

これから春出荷の焼酎がどどーんと出てくる時期。
また酒瓶だらけになりそう。


決めるぞMyベスト焼酎第12~19弾 - 2011.11.25 Fri

またまたご無沙汰のこの企画。

日々ストレス溜まりまくりで『酒でも飲まなきゃやってらんないぜ』てな感じでアルコール摂取量は増える一方。ハハ..
アル中にならないよう気をつけなければいけませんな。人事。。


さてさて今回は溜まっていた8回戦を一挙公開。
実を言うとブログ更新しなきゃと捨てられずにいた空瓶達。
写真を撮ってようやく処分できました。笑





















第12弾 さくら白波 VS 黒白波

さくら白波がおいしいとあればやはり黒白波も飲んでみなくてはということで飲み比べ。
黒霧島と並んでスーパーでも容易に手に入る黒白波。
飲んでみるとなるほど納得の味。くせがなく飲みやすい。

普段飲むのには十分おいしいがやはりさくら白波の方が香り、甘さとも上。
さくら白波勝利。











第13弾 さくら白波 VS たちばな

たちばなは『百年の孤独』 で有名な黒木本店の芋焼酎。
値段も高めで(いままで飲んだ中では)人気の焼酎ならしいのですが・・
これ苦手~(汗

まず匂いがダメ、味もクセがあって個人的にはNG
文句なしさくら白波WIN












第14弾 さくら白波 VS 紫王道

私が勝手に始めた飲み比べに便乗し、またネット通販で焼酎を買いあさり始めた旦那。
その中にあった『紫王道』
聞いたことない焼酎だなーと何気に飲んでみたけどこれは美味い!!!

何より香りが芳醇でフルーティ。
さらに飲んだときの甘さと口いっぱいに広がるさつま芋の香り。まるで焼き芋を頬張ったかのような香りです。
値段も安かったそうな。

『紫王道』見つけたら絶対買いです!






第15弾 紫王道 VS 霧島ゴールド

はじめて見た霧島。
度数は20度とあって水割りすると薄いのでやはりロックで。
霧島の中ではいまいちかな。

紫王道勝利。













第16弾 紫王道 VS 富乃宝山

富乃宝山は人気芋焼酎ランキングで10位以内に入る人気の焼酎。
個人的には可もなく不可もなく。

無名だった『紫王道』強し。













第17弾 紫王道 VS 吉兆宝山

富乃宝山と同じ酒蔵の吉兆宝山。
どちらかといえば富乃宝山の方がまろやかか。

断然、紫王道WIN















第18弾 紫王道 VS 鉄幹

鉄幹はいまいち

紫王道WIN















第19弾 紫王道 VS 紅鉄幹

紅鉄幹は鉄幹よりは甘みアリ。
でもエグミもあるのよねー

紫王道強い










11月の初旬、『赤霧島』の販売があり(年2回出荷)方々を駆けずり回って買いあさってきました。笑
おかげで我が家には赤霧のストックがごっそり。(来春の販売まで飲み終わらないんじゃないの)
早速秋出荷の赤霧を飲んでみたけど春出荷の方が甘み、香りとも強いような気が。
春に飲んだときには甘みが強すぎて料理を選ぶなと思ってたけど秋出荷のは落ち着いた甘さでいいかも~

ちなみに今勝ち進んでる『紫王道』は『赤霧島』より香りが強いです。
形式上勝敗をつけているけど甲乙つけがたい焼酎もあり。
これまで飲んだ中でのお気に入りの焼酎は
・赤霧島
・黒霧島
・さくら白波
・紫王道
この後さらにお気に入りの焼酎はでてくるでしょうか。


現在の我が家の焼酎キャビネット。
ちょっとした居酒屋より種類がありそうです。笑




夕食時にはここから今日は何を飲もうかと2種類ほどセレクトして晩酌をしているわけです。^^;
この中にもなかなかイケてる焼酎がありました。
報告はまた次回。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

sara

Author:sara
だいたい2記事ずつ更新しています。
お好きな方にコメントをどうぞ♪
過去記事へのコメントも大歓迎です。


画像サーバー障害により時折画像が見られない状態になる場合があります。
申し訳ありませんが時間を空けてお越しいただければ幸いです。

※2012/4/2にテンプレート変更した影響でレイアウトが崩れている記事があります。

最新記事

カテゴリ

未分類 (6)
Bread (61)
Gardening (150)
Knitting/HandMade (49)
Cooking (30)
Sweets (25)
インテリア/雑貨 (25)
あんな事こんな事 (120)
ごあいさつ (2)
Photo (0)
焼酎 (8)
DIY (17)

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

My Style note...(My HP)

My Style note...(My HP)です。こちらもヨロシク!







Night on the Planet

当ブログ使用の素材をお借りしているWEBサイト Spcial Thanks!




私の愛用石けんを販売しているLavender Valley

顔を洗っただけでしっとり潤うおすすめデス♪